Top >  ダイエットその他 >  チョコレートダイエットの注意点

チョコレートダイエットの注意点

チョコレートダイエットとは、チョコレートを食前にとるダイエット方法のことです。

チョコレートダイエットなんて、ちょっと不思議な感じがしますが、チョコレートを食事の前に食べることで、チョコレートに入っている糖分が速やかに吸収され、血糖値が上昇して満腹中枢が刺激されるので、食事の量を減らすことができるのです。

チョコレートダイエットの秘密は、チョコレートの原料であるカカオにあります。カカオには、タンニンが含まれていて、便秘予防の効果もあります。さらに近年注目されているカカオポリフェノールが甲状腺を刺激するので、基礎代謝がアップするというダイエット効果もあります。

チョコレートダイエットは、食べながらダイエットができる方法ですから、特に甘いものがやめられない人にとってはうってつけのダイエット方法となるかもしれません。

チョコレートダイエットと聞くと、チョコレートをたくさん食べるダイエットを連想しますが、そうではありません。1日に換算すると50グラムくらいの量を食べるのです。その量は大体板チョコ半分くらいになります。その板チョコ半分のチョコレートを数回に分けて食前20分くらいに食べるのが基本です。

チョコレートダイエットは、カカオが70%以上のビターチョコレートを選びます。チョコレートの糖分が満腹中枢を刺激して空腹感が抑えますので、あとは普段どおりに栄養バランスのよい食事をとります。

チョコレートダイエットの応用として、同じカカオから作られたココアを利用する方法もあります。空腹時にココアをとることで、カカオのみに存在する成分テオブロミンのリラックス効果により、空腹感を抑えることができます。

チョコレートダイエットは、あるある大事典で紹介されたことで有名になりました。あるある大事典はチョコレートダイエット以外にもたくさんのダイエット方法を紹介しています。

あるある大事典が一部うその番組を制作していましたが、それですべてのダイエット方法が成功しない効果がないというのは間違いです。

チョコレートダイエットはカリスマモデルといわれる人も成功しています。チョコレートダイエットで大事なことは、カカオの含有率です。カカオの含有率を低いものにすると効果が出ないと思います。カカオの含有率は70パーセント以上のものが必要です。

ダイエットその他

関連エントリー

キャベツダイエット 脂肪燃焼ダイエット チョコレートダイエットの注意点 簡単ダイエットの最新情報はこちら